睡眠不足とは眠る時間が充分に確保できなくて、寝不足と感じることですよね。

FrontPage

睡眠不足

スポンサードリンク

睡眠不足 対策と原因

睡眠不足とは眠る時間が充分に確保できなくて、寝不足と感じることですよね。ですから、明け方ぐらいまで居酒屋で飲んでいて、翌日の朝には出勤のために起きるといった場合、睡眠不足だと感じる人もいるでしょう。^^また、深夜のテレビ番組やゲームに熱中してしまい、気付いたら外が明るくなっていて、数時間しか眠れなかったという状態でも睡眠不足になると思います。

近頃良く聞く言葉に不眠がありますが、睡眠不足と不眠は異なりますよね。不眠は眠りたいのだけれども眠れないという状態のことのようで、睡眠不足は眠いけれども布団に入れずに眠れなかったという状態のことをいうのではないでしょうか。ですから、睡眠不足を解消するためには、眠いと思ったら布団に入って眠るということになると思います。ただ、現代では、どんなに眠くても眠ることを許されないといったような、そんな状況に出くわすことも多くあり、睡眠不足を解消できないと感じている人も多いようです。夜遅くまで残業したり、シフトで夜勤が入ってくると、簡単に睡眠不足にな
ってしまうでしょう。睡眠不足にならずに済む方法としては、自分がどれだけの睡眠時間を確保すれば翌朝すっきりと目覚めることができるのかを把握しておくということを挙げることができるでしょう。
6時間寝ないと翌朝眠いと感じるのであれば、6時間の睡眠時間を確保すれば、睡眠不足にならないと思います。6時間寝ないと翌朝眠いと感じる人が、テレビ番組やゲームに夢中になったり、明け方まで呑んでいて3時間程度しか眠れなかったといった場合は睡眠不足になるでしょう。^^
睡眠不足になってしまうと、重要な会議で居眠りをするといった状態になってしまうと思います。また、睡眠不足で体調を崩したり、肌荒れを起こす人もいるようです。ですから、できるだけ睡眠不足にはならないように、自分の睡眠時間を把握して、しっかりと布団に入るようにしましょう。充分な睡眠時間を確保できない場合は短時間で深く眠るということを意識して睡眠不足を解消するようにすると良いと思います。睡眠不足に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。そして、睡眠不足を解消できるグッズも、ネット上では数多く販売されています。ですから、自分にぴったりかもしれないと思う快眠グッズをネットで見つけて睡眠不足を解消するのも良いと思います。睡眠不足を解消できるグッズには、アロマオイルや枕といったものがあるようです。手軽に使える快眠グッズを活用して睡眠不足を解消し、すっきりとした毎日を送るようにしましょう。




a:3906 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析